福井wordpress部

あなたの好きを形にします。

メニュー

SEO対策するなら費用対効果が高いコンテンツSEOがおすすめ!

あなたの好きを形にします!

wordpress部 部長 けーさんと申します。

僕はwordpressを活用したWEBサイトの制作、運営、集客などを福井県や石川県の方メインに全国の方にもZOOMというPCのアプリを使ってオンラインレッスンやご住所が近めの方なら直接お逢いしてレッスンを行っております。

僕の強みですが、合計4つのサイトを運営しておりメイン雑記サイトでは、ブログアフィリエイトをメインとしたコンテンツやその他アクセスを集めるための多種多様なメジャー検索キーワードでコンテンツを制作し検索エンジン(Google,Yahoo,etc...)で上位表示をさせております。アクセス自体も月間10万pvを超えており、アフィリエイトの収入だけで毎月10万円以上稼いでおります。(アフィリエイトとはブログやホームページに広告を貼って、その広告をクリックしてくれたり、その広告の商品が売れればマージンがもらえるシステムです。)

2つ目のサイトは恐竜特化型サイトで福井県の№1観光施設で年間約90万人が利用するWEBアクセスが高い福井恐竜博物館の記事を書いています。こちらも福井恐竜博物館の関連キーワードで検索上位を獲得しております。

3つ目4つ目のサイトは現状この記事を書いている福井wordpress部と姉妹サイトの金沢wordpress部を運営しております。こちらのサイトは、僕が生まれ育った福井県と僕の大好きな町金沢の社会貢献や地域活性化を一般人がwordpressを使ったWEBサイトの制作・運営・集客で実現させて、尚且つ自分自身も幸せになってもらうために立ち上げたサイトになります。(wordpress部は初心者の方でもやる気がある方を応援したり、みんなで情報交換したり、切磋琢磨できるような部活みたいな場所を目指しています)

僕は広告関係の仕事を20年以上経験し、ありとあらゆる広告を出稿してきましたが、時代と共に広告の種類も幅が広くなりどんどん新しいものに変化してきました。現在は、昔からあった紙媒体(新聞、雑誌、書籍)や電波媒体(テレビ、ラジオ)といったメディアの力は弱体化し、それに変わる媒体としてwebやsnsといった媒体が主力になってきました!

僕の小さな頃の夢は新聞記者になることでしたが、今や新聞の情報くらいGoogle検索をすればお金をかけずに一発で表示出来てしまう時代!

僕はここ数年全くテレビを見ていないのですが、地上波の価値もYouTubeや他の動画メディアの登場でほぼ無くなり、今や要らないメディアです。まず見たいコンテンツは好きな時間帯にYouTubeで見れてしまいますし、番組と番組の間にCMを流しているというずっと昔から当たり前だったことは今はあたりまえではないんです。僕たちは今ではそんなCMは見る必要性がないんです!これは意図的にテレビというメディアの掌の上で僕たちが踊らされていただけなんです。DVDとかならCMカット機能なんかありますよね!

検索エンジン(Google)表示位置

検索エンジン表示位置

まずGoogle検索したときに表示される広告や純粋な検索上位を獲得しているwebサイトの位置関係を理解しましょう!

上記の画像はSEO対策とGoogleで検索したときの実際のPCで表示した画面になります。

企業にお勤めの方なら、よくSEO対策をしなければならないと耳にすると思いますが、GoogleにはGoogleアドワーズと言う会社があり、お金を払えばリスティング広告を掲載することができます。

リスティング広告は上記赤系の枠で囲った箇所に掲載することが出来て、仕組み的にはクリック課金型広告(PPC広告)になります。PPC広告はまず、1万円とか10万円とか広告の予算を決めます。各キーワードを設定し、1クリックされることにより、そのキーワードの入札単価が設定されているので、サイトがGoogleに表示され、クリックされた瞬間に入札単価分の費用が発生していくシステムになっています。

Googleアドワーズの広告はサイト検索した記事よりも上記に表示されるのでクリックされやすいのですが、実際広告と表示されているので検索ユーザーには警戒されるイメージではあると思います。入札単価はもちろん人気キーワードほど単価が高く、費用もあらかじめ設定も出来るのですが、毎月継続して行わないと効果もあまり無く意味がありません。年間のコスト的には月5万円位で設定しても60万円と、かなり費用がかかってしまいます。現状のアドワーズのSEO対策というキーワードの入札単価は665円なので60万円かけた広告のクリック数は902クリックしかされません・・・

人気のキーワードほど競合も多く入札単価も高くなってしまうので、費用対効果としては広告費を回収できないリスクもあるので、よほどコンテンツに自信がないと的なギャンブル的なものとさほど変わらないと思います。企業が広告から求めるものは売上だけではなく、ブランディング的な要素もあるのでお金をいくらでも投資出来るのなら関係ない話なのですが(笑)

僕が言っているSEOは純粋に検索エンジンの表示される青色の↓から下の部分になります。今回実際Google検索した上記の「SEO対策」の検索結果ではフェレットさんという企業が1位を獲得されております。僕的には60万円をアドワーズに投資するのであればフェレットさんやSEOという更に大きなキーワードで検索1位を獲得しているSEOHACKSさんに60万円を投資してSEO対策を行ってもらった方が確実に効果は出ると思います。

そして、SEO,SEO対策と言うビックキーワードで純粋な検索上位表示をさせている実績こそが本当にSEOを解っている証というか信頼出来る会社だと思います。

現状検索エンジンで100%確実に上位表示させる方法はがありませんが、みんなその答えを探し求めて多種多様な検索キーワードでコンテンツをインデックスさせてPDCAを繰り返し頑張っています。なので今は自分で実践した成果を経験則で語るしかないんです。

確実に検索上位をさせられる答えを唯一知っているのはGoogle関係者くらいかも知れませんね(笑)

SEO対策とは?

SEOの略は何だったか調べる少女

SEOとは?Search Engine Optimizationの略で「検索エンジンの最適化」と訳されます。要するに自分のWEBサイトが検索エンジン上(Google)のキーワードに対して上位表示されるように意図的に行う手法を示します。そして、なぜ上位を獲得したほうが良いのか?それは上位に表示されるとアクセスやコンバージョンが増えるという事です。もっと言うと自分が行っている事業に関連するキーワードで上位が獲得出来たならどうでしょうか?会社がブランディング出来たり製品のPRや製品自体がサイトから売れると思いませんか?もちろん売れるような自社製品のコンテンツやクオリティーも重要ですが(笑)

話は戻って、皆さん、根本的な話ですが、どうやって検索エンジン(Google)が検索キーワードの順位を決めているのかご存知でしょうか?

現在Googleの中にインデックスされている全世界のサイトは10億以上あると言われています。そしてGoogleはとてつもなく広いWEBサイトの海にクローラーというロボット(AI)をいくつも放って情報の収集を行っております。そしてその情報を整理しrankbrainという検索アルゴリズムやその他200あまりのアルゴリズムによって判断し検索エンジンに順位付けしインデックスさせているのです。

ちょっと前のSEOで行われていたのは被リンクの量を増やすこと。被リンクの量が多ければ多いほど検索エンジンで上位表示が出来ました。しかし、現状のSEOでは被リンクの量を増やしたところでコンテンツ自体のクオリティーが乏しければ検索上位が狙えなくなりました。もちろん被リンク量はGoogleが推奨するSEOの要素であり、コンテンツ自体が良ければ純粋にリンクを貼ってくれる機会が増えます。なので検索ユーザーも満足させることが出来れば相乗効果でSEO効果は更に高まります。

費用対効果が高いコンテンツSEOとは?

コンテンツになってしまった男

コンテンツSEOとは?聞いたことある人は少ないと思いますが簡単に説明すると

「検索エンジンと検索ユーザー両方向から評価を獲得すること」

Googleから評価を得ると検索上位に表示され、検索ユーザーから評価を得るとCTR(コンバージョン)が高まり、拡散されることにも繋がりアクセスが増えて=売り上げが上がります!

上記で説明したGoogleアルゴリズムの1つrankbrainですが、コンテンツSEOではとても重要な要素となっています。

タイトル、ディスクリプション、見出し、本文から精製され、関連付けされる検索クリエはGoogleで実際検索ユーザーさんが検索したキーワードになるのですが、クエリを精製させるためにコンテンツにキーワードを入れるやり方が重要になってきます。

そして、コンテンツ自体の質や情報量がGoogle検索上位を獲得するためには何よりも重要な要素になります。

コンテンツSEOのやり方

コンテンツSEOを教えるJK?

検索エンジンと検索ユーザー両方向から評価を獲得するするためにどのようにコンテンツSEOを行えば良いのでしょうか?

コンテンツSEOで重要なのはコンテンツそのもので、要するに中身に焦点を絞ります。そして、その中身を効率よくGoogleに伝え、クエリを生成させ、そのクエリを上位表示させます。(クエリとは実際検索エンジンで検索ユーザーが検索したキーワード)

クリエのデータはGoogle Search Consoleから自サイトの全てのデータ(表示順位、クリック数、表示回数、CTR)を取得できます。

クエリに関しての詳しい関連記事はこちらをご覧ください。

ペルソナを踏まえたキーワード選定

ペルソナ?(サトナカ・チエ)

まずは自分のサイトのコンセプトに沿ったキーワードを選定するためにペルソナを設定します。

ペルソナとは?マーケティングの手法の1つで

自分が行う事業の「象徴とする顧客象」

例えば自分の業態が建設業で顧客に対し住宅を販売しているとします。そして、今までにその住宅を購入してくれて方は沢山いるかと思いますが、まずは購入してくれた方々のユーザー層を特定します。自社の製品にもコンセプトや特徴などがあると思うので、そのコンセプトや特徴がターゲットにも訴求できているかも重要です。

ペルソナはただ単にこんなお客さんにきてほしいな~ではなくて、今まで自製品を販売した実績や製品コンセプト自体を踏まえて設定することがベストだと思います。

  1. 名前:福井 かおり(仮)
  2. 性別:女性(仮)
  3. 婚歴:既婚(仮)
  4. 住所:福井市 (仮)
  5. 年齢: 40歳(仮)
  6. 職業: 公務員 事務職(仮)
  7. 休日: 土日(仮)
  8. 家族構成: 夫、子供1人、祖母、祖父 計5人暮らし(仮)
  9. 年収: 100万円(夫の扶養)夫年収400万円(仮)
  10. 趣味: 友達とカフェでお話(仮)
  11. 夢: マイホームを建てて2世帯住宅にすること(仮)
  12. 目標: 貯蓄1000万円(仮)

ペルソナが決まったら、ペルソナの情報に基づいてそのペルソナに需要があるキーワードや利用するのではないかと仮定したキーワード(予測キーワード)を狙っていきましょう。

初歩的なことですが検索キーワードって何だか分かりますか?

簡単に説明すると

世間一般的に頻繁に検索され需要があるワード

大体は上位に表示させることによりビジネスメリットが得られるワードを示します。 (検索ボリューム的には約1000以上)

キーワードを検索出来るツールとしては沢山あるのですが僕のおすすめはグッドキーワードです。

もう1つサジェストワードというGoogleやYahooの検索窓にキーワードを打ち込んだ時に、その他関連するキーワード候補が表示されますが、その全てがキーワードになります。

そして、キーワードには検索ボリュームといって、月間どのくらいアクセスがあるのか調べるツールもあります。僕はちなみにキーワードプランナーというツールを使っています。キーワードプランナーはGoogleアドワーズに登録することで無料で使えるツールになります。

キーワードプランナーは1000~10000とかざっくりした検索ボリュームしか分かりませんが、そのキーワードが現状世間で本当に需要があるかどうか判断することが重要です。(アドワーズの広告を有料で掲載すれば正確な数値も見ることが可能)

キーワードでも種類があり、

  1. 住宅(仮)
  2. (仮)
  3. 内覧会 (仮)
  4. 展示場 (仮)

上記のようなキーワードは検索ボリュームがかなり高く1つの単語で大きな意味を表しているのでビッグキーワードと言います。

  1. 福井 住宅 (仮)
  2. 檜の家 内覧会 (仮)
  3. 住宅 展示場 2000万円台 (仮)

上記のようなキーワードは、検索者が目的意識を持って更に絞った情報を得るために2単語、3単語で検索したワードをロングテールワードと言います。ロングテールワードは検索ボリュームもビッグワードよりも更に少なく検索クエリも多く精製されるので、ドメイン力が弱い状態ではビッグワードでは検索上位を獲得するまでには時間がかかるので、ロングテールワードの活用は早く上位が獲得でき且つ上位が獲得しやすいので狙い目のキーワードになります。(サイトを構築してから間もなければ、検索ボリューム的には1000くらいを狙う)

キーワードの入れ方

キーワードはタイトル、見出し、ディスクリプション、本文への差し込むことによりGoogleにインデックスされたときに、検索クエリとして生成されデータの反映が行われます。しかし、適切な入れ方を行わないとクエリ自体の検索順位が上がりません。

  1. タイトル:32文字以内でロングテールワードを左寄せさせ検索者が見てみたいと思うキャッチ―な文章にする(基本的にタイトルに含ませるキーワードは1つのみとする)
  2. 見出し:コンテンツの内部構造的にはH1~H3までで作成し、キーワードも含めた読みやすい短めの文章が理想(タイトルロングテールワードの後半ワードを代えたキーワード及びタイトルキーワードと関連性があるものが良い)
  3. ディスクリプション:タイトルを説明するキャッチーな文章でタイトル(H1)と同じキーワードを含めたPC120文字程度、スマホ90文字程度で作成する
  4. 本文:キーワードを含ませ過ぎるとGoogleからスパム扱いされてしまい、文章もおかしなことになってしまうので、全体のコンテンツの比率の5%くらいが適切と言われています(ohotuku.JPで確認可能)

記事コンテンツの制作方法(確実に上位を獲得する方法)

コンテンツを語る女性

Googleの検索順位の決め方でもっとも重要なのがコンテンツの情報量、コンテンツの質になります。Googleは検索ユーザーに対し最良の情報を届けたいという思いがあり企業として一番の重要項目として掲げています。

しかし、コンテンツの情報量、コンテンツの質といってもどのように記事を作ったら良いのでしょうか?

簡単に説明すると実はwordpress部キャッチコピーがヒントになっています。

「あなたの好きを形にします。」

好きなことを形にする=自分の得意な事、好きな事を自分の体験談や経験談を基にして記事にすることにより最良のコンテンツを作ることができる。

もちろん個人の経験の量やライティングの技術、文章の構成の仕方など個人差はありますが、その人にとって最高の記事コンテンツが作成できます。もしかしたら、その人しか知らないようなパーソナルな情報が検索ユーザーにとって役に立つかも知れません。もちろんまとまった読みやすい文章がベターです。(企業担当者ならその紹介したい商品や製品をもっと勉強し、知識を強化し、ライティングや文章の構成のスキルを高めて下さい)

プラスαとして出来る事は、書こうと思ったキーワードを検索エンジンで検索してみてください。そして、1ページ目に表示されている記事をくまなくチェックしてみてください。大体のWEBサイトは目次があるので目次に表示されている見出しをチェックすると自分の知らない様々な情報を得ることが出来ます。得た情報は自分の中で噛み砕き知識を強化し、自分の言葉で情報を項目を増やしましょう!

要するに、自分の得意な情報プラス、検索エンジン内の自分の知らない情報を自分の物にして、自分の言葉で情報量を増やせば確実に1ページ目に掲載されているどのサイトよりも検索上位表示を獲得することが可能です。

wordpress部ではコンテンツSEOのやり方を更に詳しくお教えしておりますので是非ともご相談ください!コンテンツSEOを実践することによりアクセスが右肩上がりに増えていき、稼げるWEBサイトが構築できます。

コンテンツSEO費用対効果

0円と言う言葉に興味を持ってしまってサタデーナイトフィーバーした少女

コンテンツSEO自体は既存のサイト持っているなら全く費用はかかりません。要するに0円で行う事ができるんです!但しコンテンツを作成することに時間と労力を費やします。コンテンツ自体を外注化させることも可能ですが、その打ち合わせにもやはり時間と労力、費用もかかってきます。外注化したときの費用は例えばランサーズ等の求人サイトを活用するとライターのスキルなどにもよりますが、1時間1500円~3000円くらいかかってきます。企業であれば担当者を専属で付けることで担当者の人件費がかかってきますね。

コンテンツSEOを始める前にWEBサイト自体持っていない方はこちらの関連記事をご覧ください。

効果的なものは僕がこの記事内のことを1年から2年くらい実践してきた結果、10万PV以上を獲得し、売り上げもそれに伴い上げているので、上記で書いたことを継続し記事コンテンツを積み上げていくことで無限大の結果が獲得できます。

効果とは個人や企業が設定するものなので、人それぞれ、企業それぞれ求めていることは違うとは思いますが、アクセスとコンバージョンは比例して増えていくのは確実な事です!

まとめ

純粋なSEOを楽しむwordpress部な光景

SEOと言ってもお金をかけさえすればある意味、検索上位は簡単に獲得できますが、純粋な検索上位を獲得することは広告とはまたCTR(クリック率)は格段に高いので絶対的におすすめです。

もしこの記事を企業担当の方が見ているのであればアドバイスをさせて頂きますが、ホームページもブログも同じWEBサイトであり、現状お使いのホームページでも記事コンテンツさえ作成すればコンテンツSEOは簡単に行えます。もっというとWEBの情報更新を外注化されているのであれば、コンテンツSEOが出来る仕組みに作り替えてもらってください。

僕のおすすめはCMSをwordpressに替え、WEB担当を設けて運営した方が情報更新も早いし、自社コンテンツの作成自体もクオリティーが格段に上がるのでトータル的な角度が高いSEO対策が行えると思います。

wordpressは難しいコンピュータ言語もあまり必要としないCMSで、初心者の方でもちょっと勉強さえすれば活用できるようになるので自社の最大の広告塔となるWEBサイトの運営は絶対的に内部化するべきなのです。

そして、おしゃれなデザインなんかはあまり関係なく、1番重要なのはコンテンツ(中身)なんです!検索エンジンで上位に表示されればおしゃれとかおしゃれじゃないとか全く関係ないのです。

全ては...

  1. 中身が良い→
  2. Googleに評価され検索上位に表示される→
  3. 検索エンジンユーザーの役に立て満足を得る→
  4. アクセスが増える→
  5. 売り上げが増える→
  6. 自分自身も嬉しい!

wordpress部では誰でも気軽に入部できて、もちろん無料で、今なら入部特典としてLine@登録で無料おためしWEBサイト制作・運営・集客の個人レッスンを行っていますのでお気軽にお問合せください!

友だち追加

以上この記事が皆さんのお役に立てれば幸いです・・・

サラリーマン辞めて、ゼロから始めたweb生活:第1章(インスタのフォロワーを10000人にする裏技やってみた!)

感想とか気づいたことなど何でもコメントくれたら嬉しいです!

*
*
* (公開されません)

シェアしてくれたらめちゃくちゃ嬉しいです!

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Send to LINE

WEBサイト運営おすすめ記事

姉妹サイト

金沢wordpress部

福井でWEB集客スキルアップセミナー毎月開催!